ファクタリング契約は業者によって異なります

ファクタリング契約は業者によって異なります

ファクタリングとは、売掛債権を専門業者に買い取ってもらう契約を行うことを指します。


ファクタリング業者には様々なところが登場しており、取引の方式に違いがあります。



売掛債権を担保とすることで、融資をしてくれる業者や、売掛債権を譲渡することで資金提供をしてくれる業者、売掛金の回収を保証している業者などがあります。一般的なファクタリングの契約方法としては、自社と売掛先の企業、専門業者との3社間で取引をします。

売掛先の企業は得意先に該当しますので、売掛先の企業にファクタリングのことを知られずに行いたいと考える会社もあるでしょう。

そのような場合には、自社と専門業者との2社間で契約を行います。



2社間の取引の契約を行えるかどうかは、ファクタリング業者が柔軟に対応してくれるところかどうかで決まります。

柔軟な対応を取ってくれる業者であれば、既存取引に関係なく売掛債権について現金化することが可能になります。
契約をしたときには、全ての売掛債権について資金が手に入るというわけではありません。

業者との契約によって手数料が差し引かれますので、事前に何%の手数料がかかるのか確認しておく必要があります。



業者によって掛け目や手数料、審査料、事務手数料などの呼び方をしており、内訳を把握しておくことが重要です。

支払期日が近づいている状況の場合には、何営業日後に売掛債権の買取が実施されるのかについても知っておくことが大切です。


Copyright (C) 2016 ファクタリング契約は業者によって異なります All Rights Reserved.