ファクタリングのメリットとデメリットについて

ファクタリングのメリットとデメリットについて

企業運営において、売掛債権を第三者の専門業者に買い取ってもらう取引をファクタリングと言います。

売掛先の企業から現金を支払ってもらうまでには、タイムラグが生じることが考えられます。

2ちゃんねるを知りたい方必見の情報を集めました。

タイムラグについては取引をしている企業によって、様々な日数がかかると言えます。


支払いを実行してもらう前に、キャッシュフローが行き詰ってしまうことを防ぐ方法として、ファクタリングは良い方法として知られています。
一般的に金融機関からつなぎ融資を受けたときには、借入金になるために、キャッシュフロー対策が行なえたとしても借金が増えることで利子を支払う必要が出てきます。

長期にわたって考えたときには、利子の支払いが経営を圧迫することになる可能性もあります。


ファクタリングであれば売掛債権を譲渡して資金を生み出していますので、借入として計上しなくても済みます。

ファクタリングを行ったときのデメリットとしては、買取の掛目や手数料が必要になる点があります。



売掛債権の支払いを待って資金を得るときと比較すると、掛目や専門業者への手数料がかかる分だけ、資産が目減りすることを知っておく必要があります。
自社と売掛先の企業、専門業者との3社間で取引をするときには、売掛先の企業に対して売掛債権の譲渡を行うことの承諾を得なければなりません。

そのために、資金繰りが苦しいことを取引先に知られてしまうことや、交渉などに手間がかかることも考えられます。

ファクタリングに有効な情報の紹介です。

Copyright (C) 2016 ファクタリングのメリットとデメリットについて All Rights Reserved.