病院や介護・福祉施設に向けたファクタリングサービス

病院や介護・福祉施設に向けたファクタリングサービス

診療報酬や介護・福祉サービスにおいての報酬については、毎月末までに請求明細をつくり翌月10日までに国保や社保へ提出することになります。しかし、障害福祉事業等の給付費が現金化されるまでには時間がかかってしまいがちで最大でサービスを提供した月から2ヶ月先の月末までに支給されることになります。

そのため、支出が重なった場合においては運営状態が悪化されることも懸念されます。

ファクタリングの人気度が上昇しています。

そのため、早期で現金化してくれるファクタリング事業を行う企業が注目されています。

ファクタリングとは将来的に受け取る権利のことを債権と呼びますが、この債権は民法に基づく債権譲渡手続きに従って企業が買い取ることができます。



そして買取代金を先にお客様に支払うことで早期に現金化することができます。
この仕組みをファクタリングを呼びます。病院や介護・福祉施設においては早期に現金化して受け取ることによって資金繰りを改善することができるというメリットがあります。
また、ファクタリングはいわゆる借り入れではありませんのでバランスシートをシンプルにすることができるメリットもあります。


担保なども必要なく利用することも可能です。

産経デジタルの情報を求める人におすすめのサイトです。

障害福祉サービスを行っている事業者に向けたファクタリングサービスはあまり存在しませんが、全国展開を行っている企業がありますので活用していくととても便利です。

審査の基準も低いので、利用しやすいことも魅力といえます。

もしも債務超過に陥っていてもサービスを利用することが出来ます。

Copyright (C) 2016 病院や介護・福祉施設に向けたファクタリングサービス All Rights Reserved.