ファクタリングの内容と契約上の特徴について

ファクタリングの内容と契約上の特徴について

ファクタリングは売掛債権を、第三者の専門業者が買い取る契約を行うことです。取引先からの入金については、納品してすぐ行われるとは決まっておらず、請求してから数か月経過してから支払いが行われることが考えられます。



このような売掛債権を資金化する方法がファクタリングで、主に中小企業にとってキャッシュフローの問題を改善できるメリットがあります。
銀行からの融資を受けられない会社であったり、売掛先の企業からの支払いサイトが長いとき、取引先や金融機関にわからないように資金化したいときに便利な方法となります。

ファクタリングに有効な情報の紹介です。

ファクタリング取引を行っている専門業者の中では、即日中の資金化に対応しているところもあります。

夕方ごろの時間帯に取引の相談をした場合であっても、翌営業日の午前中に資金に換えてくれているところがあり、スピーディーに対応してもらえます。

livedoorニュースサイトで情報を入手してみて下さい。

通常のファクタリング契約では、自社と売掛先の企業、専門業者との3社間で取引を行うことになりますが、この場合であれば売掛先の企業に自社が資金繰りに苦しんでいる実態を知られてしまうことが懸念されます。


売掛先の企業を取引に含めることなく、2社間でファクタリング契約を締結できる専門業者もあり、2社間で取引を行うことで外部に経営の状態を知られることなく資金化ができるようになります。

2社間の取引を行うときには、売掛債権の審査の体制に信頼できる業者を選択することが大切なポイントになると言えます。

Copyright (C) 2016 ファクタリングの内容と契約上の特徴について All Rights Reserved.